オリジナルのぼりのデザインサンプルを知りたい

オリジナルのぼりのサンプルは肖像権などの観点からネットには公開されていません。

そこでどのようにしたら見聞できるかをお話ししましょう。

◆サンプルはのぼりの店に行って見せてもらう。

オリジナルのぼりのサンプルは、発注者の肖像権やプライバシーの観点から、実物をサンプルとして掲載できません。

発注者・製作者の了解が必要です。

そのためサンプルとして閲覧したいのであれば、のぼり制作のショップに出向くしか方法がありません。

実にユニークで多彩なのぼりがあります。

記事ピックアップ⇒会津の偉人…『英雄』キャラクター化 山本八重らのぼり旗描く:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

のぼり専門店であれば、それをヒントに発注者が希望するのぼりを作ってくれます。

◆業種に関係なくのぼりを見て歩く習慣をつける。

住宅展示場、中古車青空展示場、スーパー、ショッピングモール、飲食店の個店やチェーン店、フランチャイズ店ののぼりなどを参考にしましょう。

日常からそのような視点で街を歩いていると、結構なサンプリングができます。

◆のぼりの業種にこだわらずに、垣根を取り払って見聞していけば、発想の転換にもなります。

固定概念は捨てましょう。

たとえば飲食店で使っているのぼりのキャッチフレーズを、ファッションブティックののぼりや雑貨店ののぼりに使ったらどうなるかです。

「美味しくて新鮮なファッションライフ」など、これまでにないフレーズで客を呼び込めます。

日常的にそのような目線で街を歩き、のぼりのあり方を見聞してみましょう。