完全入稿データとは?のぼり制作の方法は?

のぼり制作における完全入稿データとは、発注者が作ったデザインデータがそのまま印刷に回される方式のものです。

概略や回避の仕方をお話ししましょう。

◆激安店や総合ショップによく見られる方式。

完全入稿データとは、デザインデータが完全でありそのまま印刷に入れる状態を指しています。

のぼり制作の激安店や総合ショップによく見られるパターンです。

この場合、データとして描かれたパソコン上の絵図データがそのまま印刷に使われるので、ヘタウマに関係なくそれがのぼりの完成品となります。

専任のデザイナーがいないため、修正などの要請にも応えてくれないことが多いです。

◆自己責任型のオーダーメイドのぼり旗。

完全入稿データは言ってしまえば自己責任型のオーダーメイドのぼり旗です。

発注に手慣れていて、パソコン上のパワーポイント操作などに慣れている人が常用するオーダースタイルです。

印刷するほうの店はデータを受け取って外注のデザイナーに渡し、それなりに整えたものを自社で印刷して納品します。

そのため、こんなはずではなかったというトラブルも良くあります。

◆納品後のトラブルを避けるには、完全入稿データを前提としないのぼり専門店に依頼することです。

のぼり専門店は仕上がりの良さ、生地やインクの耐久性・耐質性が高いことを売りにしいています。

インクも国産のものを仕入れ、自社で独自にブレンド。

教育・研修を積んだ専任のデザイナーが付いてくれます。

初心者がオーダーしても満足度は高いでしょう。

作業もスピーディです。

割高に思えますが、後になればその品質とサービスの良さに納得がいきます。

★関連サイト案内…http://www.veribelcenter.com/